きのう何読んだ?

漫画と本について、ゆるゆると。備忘録も兼ねて。

きのう何食べた?/よしながふみ

「はあ。あなたほんとうに、よしなが先生がお好きなのねぇ。」

某社の面接で、面接官の女性に呆れられたように言われた。まちがいではございません。もはや、その通りでございます!!!

と、うらべはもう自他共に認めるよしながふみのファン(マニアとか、フリークとは、畏れ多くて言えない)。そんなわけなので、これから紹介していく漫画の中によしながふみ大先生の作品が多く現れるであろうこと、ご容赦いただきたい。

 

今日は『きのう何食べた?』をご紹介。

きのう何食べた?』略して『何食べ』は「モーニング」にて連載中。

 

キャッチフレーズは「2LDK男2人暮らし 食費、月2万5千円也。」

主人公は中年のゲイカップル、シロさん(ネコ)とケンジ(タチ)。弁護士かつイケメンなシロさんがうまくやりくりしながらご飯を作り、ふたり仲良く生活している、というもの。

もちろんシロさんやケンジの家族、友人たち、職場の人々も登場し、彼らをめぐるお話しも展開していく。それでもあくまでメインは料理、なのだ。

そして「何食べ」のニクいところは、メインの料理とサブ(料理に比べたらサブ)のヒューマンストーリーのバランスが絶妙なところである。

 

料理のクオリティはいつも素晴らしい。なんせ、よしなが先生は食べることが大好きで、自炊かつやりくりもかなりの腕前。そのノウハウ(?)をそのままシロさんに吹き込んでいる。これほど説得力のある主婦力高いキャラクターはいるだろうか…? 献立も、家計も、手際も、ばっちりなのだ。

 

そしてキャラクターが魅力的なヒューマンストーリー。シロさん、ケンちゃん、ふたりとも少なからずゲイならではの苦悩を抱えて生きているだろうが、目の前にあるのは誰とも変わらない普通の日常なのだ。毎日さほど変わりなく、たんたんと過ごしていく。そこに幸福があるんだな、と思う。この漫画を読んだ時のほっとする要因はこれじゃなかろうか。

 

ほっとしたい人には強くおすすめする。ゲイのカップルの話だが(そしてよしながふみは紛れもないボーイズラブ作家だが)、性的な描写は一切ない。そういうのが苦手な人も安心して読んでいただきたい。もはやそういうのに偏見とかある人が読んだ方が、感じ取れることも多いような気がする。

 

単行本は現在11巻まで発売中。装丁もおしゃれでセンスがいいなぁといつもほれぼれしている。

 

きのう何食べた?(1) (モーニング KC)

きのう何食べた?(1) (モーニング KC)