きのう何読んだ?

漫画と本について、ゆるゆると。備忘録も兼ねて。

秘密/清水玲子

未解決事件、特に殺人事件における未解決事件に関して、こう思ったことはないだろうか。

「被害者の記憶を取り出せれば、犯人の顔がわかるのに」

私は、ある。そして「それ」がある世界を描いたのが、清水玲子の『秘密』だ。

 

『秘密』は白泉社の「メロディ」にて、ただいま番外編が連載中である。

 

舞台は(いちおう)近未来。MRIという技術で、死体から取り出した脳をスキャンし、脳の持ち主の過去5年分(最初は5年だが後々少しずつ延びる)に見たものを映像として再生できる。殺人事件の被害者の脳を見て、もし最期に加害者の顔が映っていれば、被疑者の特定・逮捕に役立つ。画期的な技術だ。

まあメリットもあれば、プライバシーもへったくれもないというデメリットもある。そんなわけでMRI捜査の専門機関である科学警察研究所法医第九研究室(通称、第九)は強い偏見と反発にさらされているわけだ。

 

頭脳明晰・容姿端麗な第九の室長・薪と、第九の新人・青木が物語の中心人物。やる気満々で第九に異動してきた青木は、最初は何かにとりこまれそうなMRI捜査、そして「きみはここに向いてない」と受け入れてくれない上司の薪に苦戦するのだが、次第に捜査にも慣れて成果をあげ、薪とも信頼関係を築いていく。

この作品は読めば読むほど、タイトルの意味が重く重く感じられる。

脳、すなわち記憶に向き合うことは故人の「秘密」にふれ、場合によってはそれを暴くことになる。青木はそれらにふれながら、尊敬してやまない薪の「秘密」にも関わっていく……詳しくはぜひ作品を読んでいただきたい。

 

この作品の素晴らしいところは三点。

①絵。とにかく薪さんが美しいが、ほかもシンプルな線で綺麗に描かれている!!

②ストーリー。面白い、読み応えがある。

③(個人的に)ブロマンス。ボーイズラブではない、けれどふたりの信頼関係に身悶えしシビれる。薪さんと青木はお互いのことが大好きすぎる。そこが読んでていとおしいというか、いてもたってもいられなくなるのだ。

 

単行本は去年から発売されている新装版で12巻完結。番外編の「Season0」がメロディにて連載中、単行本は4巻まで既刊。

 

新装版 秘密 THE TOP SECRET 1 (花とゆめCOMICS)

新装版 秘密 THE TOP SECRET 1 (花とゆめCOMICS)

 

 

◇◆◇

 

さあ、なぜ私はなぜ今日、『秘密』を紹介したのか?

理由は簡単。今日映画を見てきたからである!!!!!

そして、いてもたってもいられなくなったのだ!!!

理由は簡単。映画が、あまりにも……期待していたのとは……違ったからだ……。原作のよさを改めて痛感したのである。

 

キャスティングはともかく、雑な設定・背景が多かったのが残念だった。まず青木のキャラクターが相当違うし、原作では別々に扱っていた事件を一緒にしていて、それが「え?これどうつなげているの?意味あるの?」という感じなのだ。二時間半弱なら、もっと内容を練れたはず。周りでも首を傾げている人が多かった気がする。

よかったのはイケメンのクラシカルなスーツ姿をたくさん拝見できたこと。生田斗真岡田将生、松田桃李のビジュアルはとてもよかった。

まあ、映画をきっかけに原作に出会えたことも映画に感謝しなくてはいけないかもしれない。生田斗真の出演するときき、原作を買い込んだうらべなのだ。過去に、『ウロボロス』にもお金を巻き上げられた。『秘密』もかなりの被害額となっている。

 

まあ、原作ファンとして映画もきちんと見届けたと思えば……。 

 

きのう何食べた?/よしながふみ

「はあ。あなたほんとうに、よしなが先生がお好きなのねぇ。」

某社の面接で、面接官の女性に呆れられたように言われた。まちがいではございません。もはや、その通りでございます!!!

と、うらべはもう自他共に認めるよしながふみのファン(マニアとか、フリークとは、畏れ多くて言えない)。そんなわけなので、これから紹介していく漫画の中によしながふみ大先生の作品が多く現れるであろうこと、ご容赦いただきたい。

 

今日は『きのう何食べた?』をご紹介。

きのう何食べた?』略して『何食べ』は「モーニング」にて連載中。

 

キャッチフレーズは「2LDK男2人暮らし 食費、月2万5千円也。」

主人公は中年のゲイカップル、シロさん(ネコ)とケンジ(タチ)。弁護士かつイケメンなシロさんがうまくやりくりしながらご飯を作り、ふたり仲良く生活している、というもの。

もちろんシロさんやケンジの家族、友人たち、職場の人々も登場し、彼らをめぐるお話しも展開していく。それでもあくまでメインは料理、なのだ。

そして「何食べ」のニクいところは、メインの料理とサブ(料理に比べたらサブ)のヒューマンストーリーのバランスが絶妙なところである。

 

料理のクオリティはいつも素晴らしい。なんせ、よしなが先生は食べることが大好きで、自炊かつやりくりもかなりの腕前。そのノウハウ(?)をそのままシロさんに吹き込んでいる。これほど説得力のある主婦力高いキャラクターはいるだろうか…? 献立も、家計も、手際も、ばっちりなのだ。

 

そしてキャラクターが魅力的なヒューマンストーリー。シロさん、ケンちゃん、ふたりとも少なからずゲイならではの苦悩を抱えて生きているだろうが、目の前にあるのは誰とも変わらない普通の日常なのだ。毎日さほど変わりなく、たんたんと過ごしていく。そこに幸福があるんだな、と思う。この漫画を読んだ時のほっとする要因はこれじゃなかろうか。

 

ほっとしたい人には強くおすすめする。ゲイのカップルの話だが(そしてよしながふみは紛れもないボーイズラブ作家だが)、性的な描写は一切ない。そういうのが苦手な人も安心して読んでいただきたい。もはやそういうのに偏見とかある人が読んだ方が、感じ取れることも多いような気がする。

 

単行本は現在11巻まで発売中。装丁もおしゃれでセンスがいいなぁといつもほれぼれしている。

 

きのう何食べた?(1) (モーニング KC)

きのう何食べた?(1) (モーニング KC)

 

 

 

一般教養の天才(ごあいさつ)

「出版社うけてみるか~」

 

ことの始まりは今年の3月。就職活動が解禁されて間もない頃だった。

私は元々大学院に行くつもりだった(※文系なのに…)のだが、指導教官の「院に行くんでも社会勉強になるからやっておくといいよ」という言葉にのせられ、少し就活してみっか~という気持ちになっていた。とりあえず、マ●ナビに登録した。

 

と言っても、民間では特に行きたいところもなく……

漫画と本が好きなせいだと思う。出版社の名前がどうしても目につく。気になる。

そこで冒頭に戻る。

 

出版社の就職活動は、「社会勉強~」という気持ちでしていいものではなかった。なかなかヘビーだった。エントリーシートからずっしり重い(量多いくせに手書きなのだ)し、筆記試験も奇問が多かった。面接も簡単にさせてくれない……。

6社受けて、エントリーシートと筆記試験はなんとか通過したものの、4社は一次面接、1社は二次面接で敗退。残りの1社も最終まで残ったけど不採用。ああ無情。

楽な就活なんてこの世にないし、なにが「普通」かはイマイチわからないけど、私は先生がすすめてくれた「一度経験しておくといいよ~」な「普通」の就活はできなかった気がする。私が体験した就活はかなり狭く深い範囲に偏っていたと思う。理由は2つ。①エントリーシートと試験が特殊で、②採用人数がめっちゃ少ない(超々大手で15~20人、大手で1~5人、名の知れたところでも新卒採用はしないところも多い)からだ。

 

それくらい理解しとけよ、就活する前に。という感じだが、まあ要するにそれさえわからないほど私の就活は付け焼刃でどうしようもないのだった。反省。2年後は気を付けよう。まあそれで痛い目見られただけ収穫か。

世の中のちゃんとした就活をしている人、していた人、ごめんなさい!

 

まあそんなこんなで就活を通して思ったことに、「私、なんとなく読みすぎ!!」があった。漫画にしろ本にしろ、読むだけ読んで何もしないから、自分が何を読んだか把握できてない。だから備忘録的な感じでこのブログをたちあげてみた。

実は2年ほど前にも同じような趣旨のブログをつくったのだが、すぐ更新が途絶えてしまった……。今回はもうちょっと続くといいんだけれど……。

 

一冊本(というか参考書)を紹介して終わりにしたい。

小林公夫『一般教養の天才』Wセミナーマスコミ就職シリーズ

私が出版社の筆記対策に使ったもの。内定に結びついていないから役に立ったかはよくわからないけれど、筆記試験は通ったので。ありがとうございました。

 

一般教養の天才 2017年採用 (Wセミナー マスコミ就職シリーズ)

一般教養の天才 2017年採用 (Wセミナー マスコミ就職シリーズ)